第2回教育研修会報告

第2回大阪府認可私立通信制高等学校教育研修会実施報告
開催日:2015年8月7日(金)午後1時~午後4時30分
場所:大阪府私学教育文化会館
主催:大阪私立中学校高等学校連合会
後援:大阪府

〇第1部教育講演会
講師:水谷修氏
演題:「さらば、哀しみの青春 -私たちにできること、しなければならないこと-」
講演概要
本講演会では、近畿圏内の小学校から大学までの教職員及びフリースクール、カウンセラーを対象に、昨今の子どもたちの現状をお話しいただき、いじめ・リストカット・薬物依存などから脱することができない子どもたちの心の病の予防法・治療法について、事例なども加えて丁寧にご講演いただきました。

〇第2部教育研修会
1. 通信制・単位制高校 説明(向陽台高等学校 副校長:井上)
全日制高校と比較しながら、通信制・単位制高校のシステム及び卒業のために必要となる要件について。全国と大阪府、公立校と私立校の在籍者数、学校数の推移や割合を説明していただいた。また、生徒・保護者のニーズの変化に伴って、多様なニーズに応えられるようになった今日の通信制高校のすがたと学費補助制度などをわかりやすく説明していただいた。 ※6校共通リーフレット作成

2. 大阪府認可私立通信制高校(6校)各校報告
向陽台高等学校(柏原):単位制のパイオニア/通信制高校の伝統と実績
天王寺学館高等学校(桐木):通信制教育の可能性
長尾谷高等学校(大倉・武田):創立22年の実績と特長
八洲学園高等学校(大本):不登校からの復帰を目指して
YMCA学院高等学校(鍛治田):通信制課程(単位制)総合学科での学びについて
秋桜高等学校(西村・藤澤):映像によるフレンドリーな校風紹介